カジノシークレットの入金手段を合わせて解説

カジノシークレットは非常に信用度の高いマルタライセンスを取得したネットカジノです。
主に日本とドイツでの運営に力を入れており、特に近年は日本語でのサポートで高く評価されるようになってきています。

入金方法についても日々改善が加えられており、日本人に使いやすいネットカジノとして進化を続けているのがカジノシークレットです。
ここではカジノシークレットに新しく追加された銀行送金入金(J-Pay)の使い方からその他の方法まで、入金手順を中心に説明していきます。

2021年から始まったカジノシークレットの銀行送金入金

2021年から始まったカジノシークレットの銀行送金入金
カジノシークレットへの入金手段はこれまでクレジットカード入金と電子決済サービスからの送金の2種類がメインで使われていました。
銀行口座からの直接入金も存在はしていましたが海外銀行を経由する場合があるなど使い勝手が悪く、敢えて使われることは少ない方法となっていました。

しかし2021年前半にカジノシークレットは新たに「J-Pay」という規格に対応し、日本国内のほとんどの銀行口座から直接送金が可能となっています。
海外銀行を経由するタイプの銀行振込では手数料がかかる上に着金までに数日を要するというデメリットがありましたが、J-Payであれば通常の国内送金と遜色ない速度で入金を行うことができます。
既存の銀行口座をそのまま利用できるため、電子決済サービスのように新しくアカウントを開設する手間がかからないという点も初心者には嬉しいメリットと言えるでしょう。

銀行口座からのカジノシークレットへの入金方法

銀行口座からのカジノシークレットへの入金方法

J-Payを使った銀行送金での入金を行うには、まずカジノシークレット側で入金情報の登録をしておく必要があります。
ログイン後に入金画面へと進み、そこで「銀行送金(J-Pay )」を選択します。
すると入金額を入力する画面になるので希望額をドル換算で入力します。

この時点ではまだ入金はされておらず銀行側に入力するための情報が表示されるので、スクリーンショットを撮るなどして正確にメモしておきましょう。
特に重要となる振込IDは繰り返し確認することを推奨します。
振込IDを控えたら銀行の振込用ページへと進み、振込IDの番号など必要事項を入力するとカジノシークレットへの送金手続きが開始されます。
送金の完了は通常10分程度で終わりますが、銀行が営業時間外となっている場合などは翌営業日まで反映が遅れることがあるので注意しましょう。

その他のカジノシークレットでの入金方法

その他のカジノシークレットでの入金方法
カジノシークレットはクレジットカード入金に対応しています。
利用可能なカードの種類はVISA・JCB・マスターカードの3種類です。
公式のヘルプページなどにはダイナースやAMEXの表記も一部に見られますが、実際の利用者の声と見るとVISA・JCB・マスターカード以外のクレジットカードは利用しない方がいいでしょう。

また上記の3種類のカードであっても発行会社と決済方法の相性などがあり、決済が通らないケースというのが存在します。
そのためクレジットカードを唯一の入金方法とするのではなく、他の入金手段を用意しておいた方が無難です。
クレジットカード以外の入金方法はJ-Payの銀行送金と各種電子決済サービスを仲介しての入金となります。

カジノシークレットに対応している決済サービスはエコペイズ・アイウォレット・ヴィーナスポイントの定番の3種に加えて、新興のマッチベターやJETON(ジェットオン)も加えられています。
カジノシークレットへの入金手段は続々と追加されている一方で、同時に使えなくなってしまう方法も出てくるため確認を怠らないようにしましょう。

カジノシークレットでおすすめとなる入金方法とは

個人情報登録の手間を惜しまないのであれば入金方法にはエコペイズかヴィーナスポイントを選んでおくのがおすすめです。
クレジットカード入金はカード会社の判断によって不可となるリスクが常に付いて回りますし、入金額を自制することも難しくなります。
銀行口座からの送金も手軽であるがゆえに資金をコントロールするという視点では問題が多くなります。

また日常使いしている口座をネットカジノと紐付けることには何かと不都合も起こります。
そのためカジノシークレットで遊ぶなら専用の電子決済サービス口座を作ってしまい、そこで資金を管理した方が結果的に安全で簡単です。
国際的な信頼性や汎用性の高さで考えるとエコペイズが第一候補となりますが、ヴィーナスポイントは提携しているネットカジノとの間で特典を付けることが多いため情報を見逃さないようにすればかなり効率的な運用が可能になります。

この辺りは手数料や入金速度にほとんど差はないので、好みで選んでしまっても大丈夫でしょう。
また最初から専用の電子決済口座を準備するのは面倒ということであれば、最初の入金だけをクレジットカードなどで行い本格的に遊び続ける感覚を得られたら改めて電子決済サービスに登録するという順番でも問題ありません。
カジノシークレットへの入金方法で重要なのは、あくまで使い過ぎを防止するためにワンクッション入れるという点になるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください