オンラインカジノと税金

オンラインカジノで貰ったお金に、基本的に税金が出ないだろうと思っている方は大間違いです。基本的にオンラインカジノには、税金の概念があります。支払いを受けた場合、勝ったお金はその人がもらっている利益と判断されます。お金を受け取った場合は、当然のように収入扱いになり、収入から税金を支払わないと駄目なのです。

税金

 

税金を払わないと脱税扱いに

基本的に、税金は払わないと脱税になります。確定申告をしないと駄目なくらい稼ぎをもらっているなら、支払いをするのは基本となります。支払わないで放置していると、最初のうちは気づかれないかもしれません。でも調べれば税務署はわかるものです。オンラインカジノのアカウントを持っていて、そこにお金を入れていることがわかって、最終的に脱税していることを指摘されます。この場合は追徴課税となり、更に税額が増えているのです。
脱税として扱われる場合は、非常に厄介なこととなりますから、基本的に受けている額が大きい場合は税金を支払ってください。オンラインカジノをプレイしているユーザーは、大金を得ているなら支払うものと思わないと駄目です。宝くじと違って、税金が免除されているお金ではないので、しっかりと日本に納めることが大切になります。

坂東英二

税金の対象は日本になる

支払う場所は、オンラインカジノが置かれている国ではありません。日本で税金を支払うこととなります。オンラインカジノの利益は、説明することが難しいものの、オンラインカジノの名前を記載すれば調べてくれます。あとはそのデータを見て判断するので、最終的に利益が大きいことがわかっていれば、税金として処理されることとなります。対象は日本ですから、海外に税金を入れる必要はありません。
そもそも海外の税金について、理解されていない方も多いはずです。納める方法もわからないので、日本に出しておけば大丈夫と思ってください。どれくらいの額が税金の対象なのかを判断すれば、後から支払う額もわかってきます。

税金なんてクソくらえ!

額を間違えないように注意しよう

税金を納める場合、最終的に額を間違えてしまい、後から不足していることがわかるケースもあります。やっぱり支払うなら、額を間違えないようにしてください。間違えると指摘が出てきます。
しっかりと払うための準備をすることと、間違いを減らすことが大切です。税金は納めるための期間も決まっていますから、その期間を過ぎないように早めに対応する工夫もしてください。